The Tednews

『The tednews』はニュースや専門的なトピックスをテーマに専門の立場に根ざした分析や意見を述べ情報を得たり、記録を残したりユーザーに役立つ総合情報サイトブログです。更新日は火曜日、金曜日です。

登山道具の三種の神器を揃えよう!

前回ブログでも記載しましたが、登山に挑戦ということで登山道具を購入しようとアウトドアショップに行き買物をしてきました。

c0212066_23213930

まず感想として登山道具は値段が高いということです。靴からバッグ、衣類などなど値札をみると最低でも1万円以上はします。登山に挑戦と言いながら、いきなり挫折。正直登山を中止しようと思いました。

あれこれ迷ってますと、お店の方が来まして基本道具のみ購入して、あとは少しずつ買い足すことを勧めてくれました。

では登山に必要になる基本道具で何を買ってよいのかと聞いたところ、『レインウェア』『登山靴』『バックパック』 の3つ。最低でもこれだけ揃えれば、あとは何とかなるそうです。

お店の方に相談して予算やこれから登山したい山などを話して、店内から道具を色々持ってきてくれました。やはり自分で悩むより登山経験のある専門スタッフに聞いた方が早いものです。


では実際何を買ったのか見ていきましょう。

『レインウェア』

Lowe Alpine GTX PERFORMANCE RAIN JACKET ¥14000

02754206_1
ロウアルパインと言えばアウトドアブランドで有名です。

カラーの黒と赤が格好良すぎます。こちらのモデルは型落ちになるのですが、ゴアテックスという素材でできており、雨が降っても撥水してくれますし、また中の蒸れも外に出してくれるという優れものです


この価格で、ゴアテックス素材が買えるというのは、お得とのことでこちらを購入しました。



mont-bell レインダンサーパンツ BK ¥10260

m_k_1128342_bk
モンベルの防水パンツです。
モンベルは日本国内のアウトドアブランドです。アウトドアギアではコストパフォーマンスに優れており、機能も良く登山愛好者にも愛されています。

こちらもゴアテックス素材です。

汗で蒸れる事はなく快適であり。尚かつ軽い。

またズボンにファスナーが取りつけてあるので、長靴を履く際は便利です。


『登山靴』


mont-bell GORE-TEX ツオロミーブーツ ¥17383
k_1129319_bn

登山初心者では定番中の定番。モンベルの登山靴。

ハイキングから登山などオールラウンドで活躍してくれる登山靴。こちらはハイカットモデル。歩行時の負担を軽減してくれます。

またゴアテックス素材でできており、防水・撥水・透湿と快適に山登りをサポートしてくれます。

しかし一番の決め手は、コストパフォーマンスに優れいることです。



『バッグパック』

karrimor ridge30 type2  ¥19980

og_4182567_1
カリマーはイギリスの歴史あるアウトドアブランドであり、登山バッグの中では人気があります。

バッグの背負った際の肩や腰のフィット感は、他のバッグより一線を画し、負担も軽減してくれます。

登山バッグに必要となる機能をほぼすべて網羅しており、登山、ハイキング全般に対応。

もっと価格の安いものもあったのですが、スタッフの方もこれを使用しているとのことで、オススメされたので勢いで購入しました。

合計価格 ¥61623

予算オーバーでしたが、スタッフさんから嬉しい情報が、お店のクレジットカードに入会することで10%値引きしてくれるとのこと!使わない手はないでしょう。

アウトドア商品は高価なため、アウトレッドショップを利用したり、値下げフェアーやセールなどを狙って、買う買い方が良いかも知れません。

値引き後の価格がこちら

合計価格¥55463

それでも私にとっては高い買物ですが、クレジットカードで一括お支払いしました。店の戦略にハマった感が否めませんが、経験者からのオススメ品なので間違いはないでしょう。分からないで、安物道具を購入してあとで後悔するよりはマシでしょう。

なんとか、これで登山の基本道具は揃える事に成功しました。

11月には紅葉もよいでしょうから、筑波山で初登山に挑戦したいと思います。

そのレポートはまたブログにUPしたいと思います。



登山に挑戦・・・?

御嶽山の噴火で、登山ブームにも陰りが出てきたたように思うのですが、私は敢えて登山に挑戦したいと思います。

4033-01

目指すは、富士山登頂です。無謀な挑戦ですが、来年に向けて頑張りたいと思います。

何故、富士山なのか、それは日本で一番高く、世界文化遺産に指定されている山ですから、日本人なら一度は登りたいではありませんか!

o0800053310428490829

色々調べて行くと富士山登頂は過酷で辛く、標高が3000m以上であり気圧が低いので空気が薄く高山病と言う病気になり易いそうです。また足場は岩だらけで、ふらつくとそのまま落ちてしまうので、下手をすれば大怪我 、最悪、死んでしまうかもしれません。体力に自信無い方は登ってはいけないそうです。ですから眺めを楽しみたいとか観光気分で行くと偉い目に遭うそうです。

しかし敢えて挑戦します。修行ですよ。 自分自身に厳しさを叩き込み気合いを入れ、少しでも人間として大きくなりたいのです。

とまあ登山ブームもあって、登山に興味も出てきました。その前に体力作りや道具の準備をしないとなりません。秋の紅葉シーズンもあり、ハイキングや、都内近郊の軽い山を登ったりしたいと思います。 

登山関連ブログはその都度ブログにUPしていきますので、お楽しみにしてください。 

スパリゾートハワイアンズへの1泊2日のおすすめプラン

481439798466_0b先日彼女と福島県いわき市にあるスパリゾートハワイアンズへ1泊2日の旅行に行っていきました。色々失敗してしまいましたが、楽しむことができました。

今回は、初めてハワイアンズに旅行に行く方向けににオススメの旅行の楽しみ方を教えていきたいと思います。


0827000100114

<スパリゾートハワイアンズとは>

福島県いわき市湯本にあるハワイをテーマにした5つの温泉やプールなどのテーマパークで構成され、いわき湯本温泉の豊富な湧出量を利用して1年中28℃に保たれたハワイのような常夏の楽園を子供から大人まで、老若男女だれでも楽しむ事ができる東北最大の大型レジャー施設です。

<スパリゾートハワイアンズホテル>
ハワイアンズには宿泊施設が3つあります。『ホテルハワイアンズ』『ウイルポート』『モノリスタワー』です。どのホテルも直接連絡通路でハワイアンズ施設へ入場できます。ハワイアンズで楽しみたい方は是非ホテルを利用して宿泊することをおススメします。

『ホテルハワイアンズ』

0827000100149

リーズナブルに泊まりたい方や初ハワイアンズを体験したい方は、こちらがオススメです。お部屋は基本的には和室です。

『モノリスタワー』

caption

H12にできた新しいホテルであり、3つのホテル施設の中では客室や温泉、バイキングが一番であり満足するはずですが、宿泊料金は少し高めに設定されています。お部屋は洋室です。

『ウイルポート』

pool_vir

地中海のリゾートをイメージにしたおしゃれなホテルです。ちょっと贅沢にエステやマッサージなどを楽しみたい方向けであり女性の方に人気なホテルです。基本的に洋室です。

<宿泊施設の予約方法>
宿泊施設での予約はハワイアンズ公式ページからでも受付できますが、他の旅行会社『じゃらん』『楽天トラベル』『ヤフートラベル』などで調べて、予約した方が安く済みます。安いものほど早くなくなりますので、早めに予約した方がよいでしょう。1ヶ月前に予約することをオススメします。

※今回は色々調べた結果『H.I.Sスマ宿』で予約しました。宿泊施設は『ホテルハワイアンズ』で1泊2日夕・朝食が付き ハワイアンズ施設利用チケット二日分が付いて1万2000円でした。


<持ち物>

23

1泊2日の持ち物は基本的に下記になると思います。参考にしてください。
  • 水着・ビーチボール・浮き輪(施設でレンタルありますが、レンタル料金が割高なので必要なら買っていく事をオススメします。)
  • 下着類
  • バスタオル・タオル(宿泊施設にはバスタオル1つタオル1つしかありませんので、替えがないので持参する事をおススメします。)
  • プールバッグ(バッグなら何でも良いのですが、バスタオルやタオル、財布などをいれて持ち歩くのに必要になるのでこちらも持参して下さい。)
  • 財布・小銭入れ
  • ビニール袋(靴や濡れた水着やタオル、履き替えた下着などを入れるのに必要)
  • サンダル(あれば良いが無くても構いません)
ホテル内には歯ブラシひげ剃りがありブラシは入浴室内にあります。しかし入浴室はコインロッカーがほとんどであり貴重品を持っていく際には注意が必要です。

<マイカーを利用するべきか送迎バスの利用するべきか?>

ハワイアンズでの宿泊者限定で送迎バスが無料で施設まで運行しているので、マイカーでの利用は避けた方が無難です。マイカーで行く場合高速道路料金に加えてガソリンの料金も加わりますので、ハワイアンズ以外で観光を楽しみたいと思う方以外は、バスでの利用をオススメします。

44

※バスを利用する際はハワイアンズへ直接の申し込みが必要です。場所や時間などの詳細はこちらを参照して下さい。


今回はマイカーでハワイアンズへ行ってみました。 関東からだと往復で高速料金が1万円、ガソリン料金が約3500円前後かかりました。送迎バスの時間を気にしないで思う存分ハワイアンズを楽しもうと思ってマイカーで来ましたが、一日中ハワイアンズ施設に居るのは飽きてしまいます。結局送迎バスの時間と同時刻に帰りました。これから行こうと思っている方は送迎バスを予約する事を強くおススメします。

<コインロッカーについて>

36

ハワイアンズ施設内のロッカーはすべてコインロッカーになっています。(※与市のみ鍵付きロッカー)使い切り100円ロッカーと300円で何度も出し入れできるロッカーがあります。300円ロッカーは使い切りボタンを押すと100円が返ってきます。まずハワイアンズ施設出入口に更衣室があります。そこは全部100円ロッカーですので、水着に着替え、脱いだ服や下着、靴をロッカーに入れておきます。次に貴重品やバスタオル、浮き輪などをプールバッグに入れてプール施設へ入場し、プール周辺にある300円ロッカーにプールバッグを入れておけば、いつでも出し入れができます。

300円ロッカーは1日しか使えませんので次の日まで鍵を持ち出しても、出し入れできないようになっています。また100円も戻ってきませんので注意してください。

<浮き輪などの空気入れ場>

浮き輪やビーチボールの空気入れ様にエアーダスターが、ハワイアンズ施設内に、あちらこちらに完備していますので、出掛ける前に空気を入れたりしないようにしてください。施設内に入場してからエアーダスターで空気を入れて利用し使い終わりましたら空気を抜いて、たたんでプールバッグに入れて持ち運ぶ様にした方が便利です。

<フラガールショー>

23

ハワイアンズに来たからには、必ず見ておきたいものがフラガールショーです。映画にもなった『フラガール』を見た方なら誰でも分かると思いますが、タヒチアンダンスなど本物のハワイでのダンスと変わらない情熱的で迫力のあるショーがステージで繰り広げられます。

ショーは1日2回行い、時間は13時30分と20時30分です。1回のショー時間は約50分行い。席は予約席と自由席が設けられております。予約席は良い席で1000円前後であり、特典としてショーの最後にダンサーと一緒に写真が撮れます。

<ウォータースライダー>
プール施設内には3つの大型アトラクション、ウォータースライダーがあります。プールで遊んで飽きたらこちらのアトラクションを利用して遊びましょう。こちらは別料金となります。

『ワンダーホルン』
全長120mの曲がりくねったスラロームコースであり、体で浴びて滑り降りる感覚を味わえるスライダーです。

『ワンダーリバー』
浮き輪に乗ったまま全長100mを滑り降りる。ところどころに滝の様な物があり、大きな川下りを体感できます。

『ワンダーブラック』
浮き輪に乗り暗闇のチューブの中を最高時速40kmのスピードで滑り降りる迫力満点のスライダーです。

スライダー料金は1回券200円や3種共通6回券1050円があります。その他に1日乗り放題2300円があります。宿泊者は限定で1日乗り放題1050円となっていますので利用する事をオススメします。

30

購入するとリストバンドをくれますので、店員が腕に巻いて鍵で止めてくれます。監視員はこれを見て判断しますので、他の人に譲渡することはできません。

<レストラン・フードコートについて>
ハワイアンズ施設内にはフードコートやレストランがありハワイアンの様なトロピカル料理から江戸前そば、ワールドワイドなバイキングなど多彩なメニューを取り揃えておりますが、値段も割高ですし、それほど美味しくないので、ホテルのバイキングまで我慢しようと思うのですが、プールで遊んでると体力が以外に消耗して小腹が空いてしまい、どうしても食べたくなるものです。そこで、私のオススメの飲食店をご紹介します。

『江戸情話 与市』

500_31089176

江戸情漂う露天風呂の与市の中にあるおそば屋さんです。そばはコシがありのど越し、風味ともに絶品の味です。値段は1000円前後で美味しいおそばを堪能できます。

『カウカウ』

dtl03_img02@2x

スプリングパークにある大人気のロコモコ専門店。こちらは1300円前後でハワイ風味のロコモコを堪能できます。ハワイアンズでもランキング1位のグルメメニューですが、味はそれ以上ではなくそれ以下ではない感じです。

『パーム』

cha-viking

ハワイアンズ施設の中では唯一のビュッフェレストラン。南国風メニューが多数取り揃えており、組み合わせでオリジナルメニューを楽しめます。値段は1700円と食べ放題では手頃です。お味はそれほど美味しくはありませんが、とりあえず一杯食べて満足したい人向けです。帰りのランチにオススメです。

感想としましては、料理よりはデザートやジュースなどでお腹を満たした方が良いと思います。食事に関してはそれぞれの考えになります。

<ハワイアンズのオススメプラン>

(1日目 )

  •  9:30   送迎バスにて出発
  • 13:00  ハワイアンズ到着 各ホテルにて受付チェックイン
  • 13:30  フラガールショー見学
  • 14:30  屋内・屋外プールを満喫
  • 17:00  温泉施設にて満喫
  • 19:00  バイキングディナー
  • 20:30  夜のフラガールショー
  • 21:50  与市で影芝居見学、露天風呂満喫
  • 23:00  就寝
解説
1日目の朝食としてはコンビニのお弁当やおにぎりを買ってバスの中で食べた方が良いと思います。ハワイアンズ施設内にもレストランやフードコートがありますが、どれも割高で、あまり美味しいとは言えません。

ホテル到着後に受付してハワイアンズのチケットやホテルの説明を受けてください。場合によればチェックインできる事もあります。

荷物はホテルのクロークに預け、ホテルの連絡通路を利用してハワイアンズ施設へ入場し、出入口にある更衣室で水着に着替えてプールにいきましょう。

昼のショーが始まる時間ですが、2日目に回してもOKです。しかし時間はたっぷりありますのでショーを見てから遊んでも満足できますので焦る必要がありません。遊んでいても2時間位で飽きてくるはずです。その後は温泉施設でのんびりくつろいで夕食までお部屋で待ちましょう。

ディナーバイキングは19時ですがフロントに依頼すれば18時に変更できます。ディナーバイキングはまあまあの味です。種類が豊富にありますが、混雑してなかなか食事を取りに行けなかったです。20時30分には夜のフラガールショーが始まりますが、こちらは必ず見ましょう。昼よりも素晴らしいショーですので、ディナーを終えましたら、ハワイアンズへ入場し席を確保しましょう。

ショーが終わりましたら、そのまま与市に行き露天風呂を楽しみながら影芝居を見学してお部屋で休みましょう。

この時、ビールや焼酎などが飲みたくなるはずですが、施設内のドリンク類は割高なので、行く前に調達した方が良いと思います。焼酎ならホテル内のお土産屋に福島名産の物が沢山あるので、銘酒を楽しむ意味で購入して晩酌するのも良いでしょう。尚部屋には小さいクーラーボックスが備わっているので、買って来たドリンク類はその中に入れて置きましょう。その後入浴したいと思いますが、ホテル内の大浴場は朝まで入れるところがありますので、ゆっくりとくつろぐことができます。 

(2日目)
 
  • 7:00  ホテル施設の大浴場で朝風呂
  • 8:00  朝食バイキング
  • 9:30  ホテルにてチェックアウト ハワイアンズ施設へプール・温泉満喫
  • 13:30   フラガールショー見学
  • 14:30 与市にて露天風呂満喫
  • 15:00 ハワイアンズ出発
  • 18:00 到着 
解説
朝はゆっくりと起きて大浴場でゆっくりくつろぎましょう。

朝食バイキングは種類が少なく、あまり美味しくありませんが、ここは我慢してお昼の分も合わせてお腹いっぱい食べましょう。

10時までにチェックアウトすれば良いのでハワイアンズ営業開始時間の9時30分に合わせてチェックアウトし、その後ホテル内やハワイアンズ内のお土産物を見て回って買っていきましょう。できれば1日目に品定めをしておいて素早く買っていった方が良いと思います。ちなみに帰りは混雑するので余裕もって行動することをお勧めします。

荷物はフロントに言えばクロークで預かってもらえます。

その後は朝からハワイアンズを存分に味わい、小腹が空いたらフードコートで軽食し昼のフラガールショーに間に合うよう時間調整をして堪能してください。

最後に与市の露天風呂を楽しんで15時の送迎バスに間に合わせていけば良いと思います。

送迎バスの中で、到着までゆっくり寝ていけば到着後にも友達や恋人とお店で食事を楽しめます。

 
ブログトピックス
本ブログパーツは終了しました
ブログ検索

  • ライブドアブログ